恋人はメンドクサイからセフレに

恋愛は楽しいだけではなく、しんどい事や大変な事も多々あります。
そのため恋愛する気力はない、恋愛は面倒だと避けている人も少なくないでしょう。

そして恋人はいなくてもセックスをしたいという気持ちがなくなる訳ではないので、ヤレル相手を作ったり風俗店に行ったりする訳です。

ですが恋愛は面倒だと思っていても、たまにはデートをしたい、恋人気分を堪能したい。

そんな恋愛の楽しい一部分だけを、堪能する事が出来たら都合がいいと思いませんか?
実はその疑似恋愛の相手としてセフレが最適だと言えます。

セフレとはセックスをする関係ですが、セックス以外はしてはいけない関係という意味ではありません。
相手がデートをするのは面倒くさい、セフレとはホテルに直行してセックスだけ出来れば十分と考える人であれば、デートは難しいかもしれません。

ですが恋愛は面倒だけど、たまにはデートぐらいしてもOKと考える人もいます。
そんな人であれば、デートをしてセックスをして、恋人同士のように1日を楽しむ事が可能だと言えます。

ただ疑似恋愛をする上での注意事項は、疑似恋愛をする事で本当に好きにならないようにして下さい。

そんな簡単に人を好きにならないと思う人もいるでしょう。
ですが、そもそも恋愛なんて勘違いからスタートする事も多々あります。

そして疑似恋愛でデートをするという事が、この勘違いのスイッチを入れてしまう可能性もあります。

ヤレル相手とのデートはセフレ関係を良好にする事もある反面、逆にセフレ関係を悪化させる事もあるので加減が難しいと言えます。

セフレ女性について

世の中には、簡単に男性と深い関係になってしまう女性が存在します。
このような女性は、考え方によっていくつかのタイプに分かれます。

ひとつは女性が持つ「肉体」という武器で男性とコミュニケーションを取ろうとするタイプもあれば、男性依存症、またセックス依存症といったタイプもいます。

男性にすれば簡単に肉体関係を持つことができるので大歓迎ではあるのですが、恋人として、さらには将来的な結婚の相手として付き合となればほとんどがNGとすることでしょう。

その理由のひとつとして、達成感のなさが挙げられます。

なかなかセックスをさせてくれない、アプローチしても応じてくれないといった女性にアタックを繰り返してやっと関係が持てた際の達成感は大きなものがあります。

だからこそ、付き合いを開始すれば大切にしたいと考えるわけです。

ところがすぐにセックスを許してしまう女性、つまりセフレになりやすい女性は男性に達成感を味あわせることがないので、最悪の場合弄ばれておしまいという事態に陥りやすいのです。

さらに問題なのは、女性自身がそんな自分に気付いていないことです。

私はこんなに尽くしているのにどうして…とその時は思うのですが、根本的にそうなった理由が理解できていないので、また同じ過ちを繰り返してしまうのです。